交渉の技術力があるフリーエンジニア

フリーエンジニアが高額報酬を得るための考え方として基本的なのは、実務経験を豊富に積んだ分野で仕事を行うというものが重要となります。
多くの求人募集においては月額報酬や仕事の単価に幅があり、経験や実績によってより高額の報酬の契約を結べる可能性が高まるからです。

しかし、募集広告においてその基準がはっきりと明確化されていないのは、実際にその契約の場で判断されることが多いからです。
いかにしてその場で自分を印象づけて有能な人材であると認識してもらい、巧みなビジネストークによって交渉することで、高額報酬に結びつけるかということは重要な観点になります。

高年収を求めて、高い技術力を付けてフリーエンジニアになる人は増えてきているものの、こういった交渉の場で活躍するための自己アピール力を付けた人材はあまり多くないのが実情です。
もともとエンジニアは理系の大学出身でビジネスについて学んだり、交渉や討論についての教育を受けたりしてきていない場合が多く、こういった契約や交渉といった場面であまり強気になれない傾向があります。

そのため、技術者としては優秀であっても、フリーエンジニアとしてはあるべきビジネススキルに欠いている人材が多いのです。こういった傾向は古くから続いてきており、そのスキルを身につけようと努力する動きも生まれています。
しかし、交渉の技術は一朝一夕にしてつくものではなく、そういった人材の数は伸び悩んでいます。フリーエンジニアとして業界で生き延び、高額案件を自力で獲得するコツは、積極的で巧みな交渉力にかかっているといっても過言ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です